Snowfeet(スノーフィート)におすすめなスノーブーツ特集!デザインもオシャレ。

スノーフィートは靴の上から履いてプレイするスポーツですが、現状出たばかりの商品なので専用のスノーブーツなどは発表されておりません。

スキーやスノーボードで使用している靴でもプレイは可能ですが、足首の可動性も良いスノーブーツの方が良さそう。

そして、どうせならデザインもオシャレなものかつ、普通にスノーブーツとして使用出来るものが良いですよね。

そこで今回はスノーフィートを行う際におすすめなスノーブーツをご紹介します。

スノーフィートにおすすめなスノーブーツの選び方

スノーブーツを選ぶポイントとしては

  • 防水性に優れていること
  • 防寒性に優れていること
  • 自分の足にフィットするか
  • (スパイクの有無)

以上3点+1点。

防水性、防寒性、足にフィットするかが重要です。

防水がきちんとしていないと、雪の水分が染み込みつま先が冷え凍傷になる可能性があります。

防寒性も同じ。ただ通気性がよくないと、靴や足が臭くなる原因になるので注意。

そして足にフィットするかということ。メーカーによって横幅が違ったり履き心地が全く違います。
靴がフィットしていないと疲れやすくなったり、怪我の原因にもなるので自身の足にフィットするというのが重要になってきます。

スパイクの有無に関しては、そのブーツを履いて雪道を歩く方には必須ですが、スノーフィート用ということであればそこまで重要ではないです。
金具でオン・オフできるタイプや、そのまま靴裏にゴム製のスパイクがついているものがあります。

防水機能抜群!濡れない&暖かいコロンビアのスノーブーツ

コロンビアのスノーブーツは耐久性抜群かつ機能性も良い靴です。

雪が詰まりにくいソールや保温抜群の素材オムニヒートなど、防水や防寒、アメリカの老舗アウトドアメーカーならではの独自のテクノロジーを備えたスノーブーツが盛りだくさん。

シリーズやカラーなどバリエーションが多種多様で、機能性の良い自分好みのスノーブーツが見つけやすいです。
迷ったらコロンビアで間違いなしです。

スノーブーツの代名詞といえばSOREL!街でも山でも活躍!

created by Rinker
SOREL(ソレル)
¥19,790 (2021/10/17 05:35:13時点 Amazon調べ-詳細)

迷ったらソレルのカリブー。
ソレルのスノーブーツは、中にファーがついていますが取り外しも可能で自身調節する事ができ、お手入れもしやすくGood。

見た目も重厚感があり、とてもオシャレ。
雪山だけではなく、普段履きとして街でも履けるようなデザインです。
独自素材を使用しており、冷気や水分などが入るのをシャットアウトしており、保温性も抜群。

スポーティーなモデルならアディダスのスノーブーツ!

[adidas(アディダス)] レディースブーツ・靴 Terrex Choleah Padded CP Trace Blue/Legend Ink/Black 11 (28cm) B – Medium
adidas(アディダス)
adidas(アディダス) S80795 TERREX PATHMAKER CW メンズ スノーブーツ ウィンターシューズ【SALE】

ご存知スポーツ用品の最大ブランド。
見た目はスポーティーかつスタイリッシュに洗練されたものが多く、スノーブーツも一部のファンには大人気。
カラーもアディダスらしく様々な種類があり、機能性ももちろん抜群。
スポーティーなモデルならアディダスのスノーブーツがおすすめです。

スポーツブランドのド定番The North Faceのスノーブーツは間違いなし!

アウトドア用品の大人気ブランド、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。
素材が他のブランドと比べてより特殊。
一見ムートンブーツに見えるようなデザインのものから、本格的なスノーブーツまで多種多様。

機能性ももちろん抜群で、防水保温性に優れているかつ、蒸れにくい構造になっており男女問わず人気です。
カジュアルな見た目なので、オシャレと機能性を求めている方にピッタリですね。

もっと比べてみてみたいという方はアルペンの公式サイトがおすすめ

もっと色々なデザインや比較してみたい!という方はアルペンの公式サイトがオススメです。

ブランドのサイトと違い、色々なブランドが掲載されているので比較もしやすくリーズナブルに購入が出来ます。

迷っている方はぜひアルペンを見てみましょう。

スノーフィートにおすすめのスノーブーツまとめ

種類が多くて迷いますよね。

機能性については、どのブランドもすごく良いので自身のフィーリングが一番重要ですね。

ぜひお気に入りのスノーブーツを見つけて、スノーフィートを楽しみましょう!